読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-i.

宮崎県綾町の養蚕・天然灰汁発酵建てによる藍染めと紬・絣織の着物づくりを行う染織工房で働いております。

【4回目のワークショップ】そんなに深く考える必要はない。

f:id:futachai:20161022132521j:plain

 

藍染めのストール。

 

うちの藍で染め上げられたものです。

でも染めたのは先生でも、工房の染め屋さんでも、私でもない。

 

「母親の誕生日に本藍染めのストールをプレゼントしたい」

 

とメッセージをくれた一人のお客さんです。

 

当日は夫婦でお越しいただいたので、ワークショップとして実施させてもらいました。

 

最初に藍について色々お話しさせてもらった後、

 

 糸染めを見せて、染めへ。

f:id:futachai:20161025190021j:plain

 

 

 

 

今回プレゼント用のストールは、無地で染めるということでしたので

素材の簡単な扱い方も含めて、最初は共同作業。

 

 

染めて絞って 

f:id:futachai:20161025190031j:plain

 

 

 

広げて酸化させる

f:id:futachai:20161025190044j:plain

 

 

そしてまた染める

f:id:futachai:20161025190056j:plain

 

 

 

何度も何度も染めては酸化させる。

この単純作業。地味です。でも大事です。

 

 

褐色近くになったと思います。

 

f:id:futachai:20161025190649j:plain

 

ひたすらに地道な作業だけれど、すごく大切です。

 

 

 

最後に乾かして、

 

 

 

f:id:futachai:20161025190736j:plain

 

袋を一緒にお渡ししました。

 

 

 

出来上がり品が、最初の写真。

 

 

 

すごく喜んでいただけたみたいですし、自分自身もすごく嬉しかったです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

なぜそんなに嬉しかったのか。

 

 

 

プレゼントの『手段』としてワークショップを希望してくれた から

 

 

今年になって宮崎にUターンしてきたこの方は、

 

【母親に誕生日プレゼントを贈る】

という目的に対して

 

そのために何かプレゼントを用意する

どこかのショップで選んでラッピングして渡す

 

というのと同じ感覚で

 

宮崎にあるうちの工房でストール染めてプレゼントする

 

という手段を選んでくれた。はずだから。

 

 

 

プレゼントとしてのワークショップ

 

家族ぐるみのレクレーションとしてのワークショップ

 

生まれてくる子供に贈るワークショップ

 

とか、いろんな形を考えられたらいいなと思案しております。

 

 

 

それでいろんな人が喜んでくれたら俺も藍も工房もきっと嬉しい。

いや間違いなく嬉しい。

 

 

それを「やりたい」とか、尋ねる前に希望してくれる方がいたというのは

 

すごくありがたかったです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

さて、今回のを通して何が言いたいのかというと

 

 

「伝統工芸とかってそんなに構えるものじゃない」

「そんなに深く考える必要はない」

 

ということ。

 

例えば、自分がこういった進路を選んだことに対して

「伝統工芸を〜」とか「地域の伝統を〜」とか言われるけれど

 

 

 

「伝統工芸って昔の当たり前だからね?」

 

 

っていう前提で考えて欲しいなと。

 

 

 

昔の当たり前って、要は世間的に「フツー」のこと。

200年前なら私は世間的なサラリーマンであったかもしれない。

 

そもそも何年以上が伝統とかいう基準もないのに

それによって変な価値を高めようとしてるし、

リテラシー下げてるし現実との乖離を進めてるし

結果世間との距離が開いてしまっているのはおかしいし、

そのくせ補助金にあぐらかいてる変なおっさん達多いし。

だからこそ衰退してるんだと。

 

 

 

イノベーションとは未来の当たり前を作ること」

 

 

みたいなのを聞いたことあるけど、いわゆる伝統工芸だってそうだと。

 

 

いわゆる伝統工芸だって作り手側もそんな大義名分に固執せずに、この視点から未来の当たり前作ろうよと。

 

 

最低限の守るべき基準は果たしつつ、そういう環境を構築していけたら、

 

きっと伝統工芸は身近なものになるし、楽しいものになるはずですし、

 

 

何より「伝統工芸」って捉えられる必要がなくなる。

 

 

うまくいけば下手な話、ファストファッションが100年後伝統になってるかもしれない。笑

 

世間の基準が変われば、伝統の基準も変わる。

 

 

そうなったら、勝ち?かな。

 

 

その日の様子はこちらからどうぞ。ほとんどこちらから画像お借りしました。

動画もあるよ!

 

https://www.facebook.com/yuichi.higashi.5/posts/938115662958921

 

宮崎のローフード王子、東さん。奥さん。

そしてさわしょ。笑

ありがとうございましたー!

 

f:id:futachai:20161025194428j:plain